オーダーメイド

サルトリアイプシロンが目指すのは「ストレスを感じる事のない服」です。
その実現には、前後のバランス、肩の角度を合わせることが非常に重要となります。
しっかりとバランスのとれた服は、縦糸と横糸が釣り合い、服本来の奇麗なラインが生まれます。
弊店では採寸から縫製に至るまで、一貫した理論(システム)に基づき洋服をお作りいたします。

また、お客様の体型情報、型紙は大切に保管いたします。
型紙は、CADシステムを用いデータ化することで、常に最新で正確な状態を維持しております。
2回目以降ご注文のお客様は、スムーズなオーダーが可能となります。

ビスポークのイメージ写真

ご注文から納品までの流れ

 1度目のご来店

 ご注文     何事も最初が肝心です。店頭にてお仕事、趣味、ライフスタイル等、お客様とゆっくりお話させていただきたく思います。
   ご注文いただける場合、まずはベースとなるデザインを決めていただきます。(細かなディティールは仮縫い時に決めることもできます。)
   次に、生地を選んでいただきます。弊店では各シーズン、最新生地バンチをご用意しております。
   種類がかなりの量になりますので、前もってご希望の色柄などご連絡いただければ、お客様のご来店にあわせ事前に準備させていただきます。
   最後に採寸です。長年の試行錯誤の末に生まれた、独自の方法で採寸いたします。

 2度目のご来店

 仮縫い     お客様には、まずシルエットを見ていただきます。また、着用感に関し2、3の質問をさせていただきますが、ご遠慮なさらず感じたままお答え下さい。
   率直なご意見は、今後の補正方法を決定するため、非常に重要です。少しでも気になることがあれば、仰ってください。
   仮縫いの様子は映像に撮り、すぐに可視化できるようにしています。お客様は鏡で見た前からのお姿だけでなく、自分の後ろ姿もご確認いただけます。
   必要であれば、となりの工房ですぐに修正し、再度フィッティングの確認をさせていただきます。少々お時間を頂きますが、ご協力をお願いいたします。
   ※フィッティングを行うにあたり、可能であればサイズの合ったシャツ、革靴のスタイルでご来店下さい。

 3度目のご来店

 中縫い     まずは、仮縫いと同じ要領で再度シルエット、着用感をご確認していただきます。
   前回との違いを、この時点で体感していただけるはずです。もちろん気になるところは、どんな些細なことでも仰ってください。
   中縫いでは、襟の返り具合、幅、ゴージラインのイメージ等、前回よりもさらに細かい点をお伺いし、出来上がりの最終確認をさせて頂きます。
   ※Buonoでのご注文の場合、中縫いはございません。

 4度目のご来店

 お渡し     可能であれば、合わせることを想定したシャツ、ネクタイ、革靴のスタイルでご来店いただければと思います。
   完成したご注文品をご試着していただき、お客様と共にフィッティングの確認をさせていただきます。特に問題がないようでしたら納品となります。